Entry: main  << >>
野球とサッカーの違いからを様々な角度から比較!
0

    野球は習い事の定番だった

     

    野球は少年時代、リトルリーグという形でスポーツにおける

    習い事の定番でした。昨今、小学生の習い事ではサッカーと

    言われる事が多くなりました。

     

    これはいつ頃からでしょうか。たぶん、Jリーグ開幕後、

    W杯出場などを経てサッカー人気の高まりと共に見る対象から

    行ってみたい対象へと変わってきています。今回、

    野球とサッカーの違いに注目しながら習い事としての

    比較にまで掘り下げてみます。

     

    野球とサッカーの違いは

     

    野球とサッカーの違いは用具が必要であるかにも大きく

    かかわってきます。共通して必要なウェアやスパイクを

    除くとサッカーはボールの他には細かいものばかりです。

    ゴールを持参する方はほとんどいない為、

    サッカーは用具の必要が少ないと言えます。

     

    対して、野球はボールにバット、帽子またはヘルメットなど

    用具が多い事で知られています。打撃練習を中心に行いたい場合、

    ノック形式でなければネットやピッチングマシーンも

    あるといいなど用具の幅が広いのが特色です。

     

    ミニゲームが行いやすい事も比較対象になる

     

    サッカーは人数を絞ったミニゲームが行いやすい特徴があります。

    ゲーム形式は気づきも多く子供から楽しめることが特色です。

     

    野球では守備練習や打撃練習などの一部練習はできますが

    人数が少ない状態でのゲームは厳しい所があります。

    ゲーム形式にはそれなりの守備人数がいなければならない所に

    違いが出てきます。

     

    観戦面から野球とサッカーを比較すると

     

    野球もレギュラーシーズンはテレビ放映もされて見ていると

    楽しいスポーツです。しかし、WBCのような世界的大会は

    4年に1度など数も少ない印象です。アジアシリーズなど

    増えていく傾向もあり、今後が期待されます。

     

    対してサッカーは日本代表戦が多く、ワールドカップや

    アジアカップ、各国リーグなど多彩な放送スタイルが

    確立されています。野球よりも世界的にメジャースポーツとしての

    位置づけが確立されていることに特色があります。

     

    ワクワクが続く仕組みも大事

     

    野球とサッカーのプレースタイルにも要因があります。野球では

    イニングの交代に間が空きます。これが切替もできていい所では

    ありますが、投打交代に切替が発生します。

     

    サッカーはハーフタイム以外のプレー中にゴールに繋がる

    アクションが多彩である点があげられます。切替が早く、

    目の離せない展開に現代向きの見ごたえがありますね。

     

    JUGEMテーマ:野球

    JUGEMテーマ:サッカー

    | wl29 | 10:35 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    Profile

    野球用品活性化計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode