Entry: main  << >>
野球用品で注目のドナイヤのグラブとは
0

    ドナイヤのグローブとは

     

    野球用品でコアな人気を誇るドナイヤのグローブですが一般にも人気が急騰したのは

    ヤクルトスワローズの三冠王山田選手が使用しているグラブとして有名ですね。

     

    しかも、スポンサー契約(アドバイザー契約)で表現を変えると使ってもらっている

    わけではありません。山田選手のような超一流選手がこだわった末に

    たどり着いたのがドナイヤのグラブと言われています。

     

    ドナイヤのグラブの特徴は

     

    ドナイヤのグローブで特徴として挙げられるのはポケットの形状です。

    山田選手のような内野手にとっては大き目の形状である特徴があります。

    大き目は捕球を重視しており、確実に止めるという

    目に見えた補給感の違いがあります。

     

    さらに、大き目グラブで気になるのが操作性です。特に指の根本に

    ひっかかり感があると操作性が悪くなりうまく捌けないという

    印象もありますよね。

     

    ドナイヤのグラブではこのあたりが一流なのです。大き目でありながら

    引っ掛かり感が少なく、初心者ならなおさら捌きやすい

    感覚を手に入れられます。正直、グローブひとつでここまでうまくなった

    (自分にとっては錯覚のような感覚)を手に入れられるとは驚きでした。

     

    使い込みなじむ感覚もいい

     

    使い込んだ後の耐久性もしっかりしています。さすがグローブ界では

    知る人ぞ知るドナイヤ社長村田氏の検品が入ったグローブです。

    このドナイヤのグローブはドナイヤ社長自らが検品を

    行っているという所にもこだわりが強くあります。

     

    湯もみ型付けをした後に利用されたりしますが、手になじむ感覚は

    やはり使い込むほど増します。日々の練習が自分自身の捕球スタイルと

    相まって型となるのですね。ドナイヤのグラブはかなり使い甲斐がありますよ。

     

    ドナイヤのグラブはどこで売っているの?

     

    ドナイヤのグラブは愛知県豊橋市のヤマモトスポーツが有名ですね。

    グローブのスペシャリストがこだわりの

    ドナイヤグローブのよさを引き立ててくれます。

     

    ヤマモトスポーツの社長でありグローブ職人の山本氏はミズノ認定の

    リペアマンでもあるグローブの取り扱いに関して超一流です。

    様々なメーカーのグローブに振れた経験や

    お客さんの悩みも聞いた上で対応してくれそうですね。

     

    即手に入るのは難しい点は注意が必要

     

    ドナイヤのグローブがほしくなったので即申し込むという訳には

    いかない所に注意が必要です。通常必要な型づけについて

    ヤマモトスポーツでは湯もみ15日から20日、

    手もみは3から5日と目安の日数が表記されています。

     

    大会が近づき、早く手に入れてなじませたい気持ちもわかります。

    ただ、グローブはしっかりメンテを行ってこそ性能も

    引き立ちますので余裕を持った日取りで対応したいですね。

     

    JUGEMテーマ:野球

     

    | wl29 | 10:32 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Profile

    野球用品活性化計画

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode